独身男がメンズのVIO脱毛に挑戦!ブラジリアンワックスを試してみた

メンズVIO脱毛!ブラジリアンワックスに挑戦してみた

独身男の初体験シリーズ第1弾、今回は男のVIO脱毛!
いきなりレーザーは怖いので、ブラジリアンワックスで脱毛を試してみました。

利用したのはQueen’s Wax

http://brazilianwax.co.jp/

今回利用させていただいたのは、Queen’s Wax。
「VIO ブラジリアンワックス メンズ」の検索で1位に出てくるサロンです。

夜中の23時まで営業していて、池袋・新宿・渋谷などアクセスの良い場所に複数店舗あるブラジリアンワックスの専門サロン。
私のような仕事が終わるのが遅い人にとっては23時まで空いているのはかなり嬉しい。

また事前に痛みがどの程度あるのか、恥ずかしくないのか、など気になるところが多くあったのですが、ホームページも男性専用に作られていて、かつ男性向けのQ&Aなども充実していて安心感がありこのサロンに決めました。

まずは予約

まずはホームページの電話番号で予約。
可愛らしい声の女性の方が対応してくださいました。

電話したのが19時過ぎだったのですが、その日の夜に出来るか聞いたところ、新宿店なら21:30〜23:00で入れますということ。
それでお願いしますと伝え、予約はあっという間に終了しました。

新宿店に向かう→受付が美人のお姉さんで一気に緊張

新宿店は駅から徒歩5分ぐらいのところにある雑居ビルの1室。
ビル自体は大丈夫か!?というぐらい古い感じがしたのですが、サロンに入ると内装はかなりキレイ!

入口すぐに受付があり、早速受付です。

受付のお姉さんはかなりの美人。。。(ちょいギャルで自分の好み笑)
「まずは問診票を書いてください」と言われた瞬間に、「こんな女性になんて思われてるんだろう」とか考えてしまい、一気に緊張が高まりました。

問診票を書いて、手渡すと、
「ありがとうございます。遅くなりましたが今回施術を担当させていただく石原(仮)です。よろしくお願いします。」

え。。。

どゆこと。。。

あなた受付じゃないんですか!!汗

なんとその受付だと思っていた美人さんが、施術してくださるスタッフさんだったのです。

え。。。

ていうことは、これからあなたに私の下部をお見せするということですよね。。。

やばい。。。

やばすぎる。。。

「ではお部屋で下を脱いでお待ちください。」

と淡々と言われて、部屋に案内される私。

半端ない緊張の中、下を脱いで下部にはタオルをかけ、ベッドに仰向けの状態で石原さんを待ちます。

脱毛スタート。デザインを決めて、私の下部があらわになりバリバリ毛が抜かれていく。

石原さんが手袋をして部屋に戻ってきました。

「では改めてよろしくお願いします。今回ですが、どんなデザインをご希望ですか?」

「普通はどんな感じが多いですか?」

「全部やられる方も多いですし、Vラインだけ自然な形で残すのも人気ですね。最初から全部脱毛するのに抵抗があるようでしたら、最初はVラインだけ自然な形で残すのもおすすめですよ。」

「じゃあ自然な形で残す感じでお願いします!」

「分かりました、ではVラインから始めていきますね」

そんな感じで、脱毛のデザインを決めたらついに施術開始。

石原さんが私の下部にかけていたタオルを取って、その姿があらわになります。

緊張のあまり、私の下部はここまでかというぐらいに萎んでいました笑

ヘラのようなもので、ワックスをすくい下部につけ、脱毛用のシートをかぶせて少し時間をおいて固まったら一気に毛を抜いていきます。

「痛いですか?」

「いや、そんなに痛くはないです。」

かなり痛いことを覚悟していたのですが、石原さんが上手なのか自分で毛抜きで抜くぐらいの痛みで全く耐えられないほどの痛みではありませんでした。
(ひげのレーザー脱毛の方が何倍も痛いです。)

「良かったです。◯◯さんの毛は抜けやすい毛でやりやすいです♡」

「ではどんどんやっていきますねー」

どうやら私の毛は抜けやすい?ようで、石原さんは笑顔で喜んでらっしゃいました笑

玉袋→竿→その周りの順番でどんどん毛が抜かれていきます。

徐々に慣れてきて、石原さんとの会話を楽しむ余裕が出てくる。

最初こそ、美人の前で下部が丸裸、という状況に極度に緊張していた私ですが、
施術が始まっていくにつれて徐々に慣れてきて、石原さんとの会話を楽しむ余裕が出てきました。

「普段はどんなお仕事されるんですか?」
「どうしてVIOやろうと思ったんですか?」
「休みの日はなにすることが多いんですか?」
などなど、石原さんが色々な会話をふってきてくれて、話しやすかったこともあるのでしょう。

楽しく会話をしながら、30分ほどでVラインが終了しました。

Iラインの施術で、再び極度の緊張と恥ずかしさに襲われる

Vラインが終わると、次はIラインです。

「では次はIラインをやっていきますね。うつ伏せになってください。」

言われるがままうつ伏せになると、石原さんが肛門付近にワックスを塗りはじめます。

肛門を見られていることを考えてしまうと、再び極度の緊張と恥ずかしさに襲われました。
むしろVラインがマシに思えてきました。肛門はやばい。。。

石原さんは、そんな私の状況はお構い無しで、どんどん脱毛を続けていきます。

「施術できないので、お尻に力入れないでくださいねー!!」

「◯◯さん、お尻に力いれないで!」

というセリフを5回ほど言われました笑

いやいや、そんなこと言われても。。。そんなの無理です。。。

お尻の力を抜くようなんとか頑張りつつ、Iラインも30分ほどで終了。

Oラインは、一気に広範囲の毛を脱毛できる種類の違うワックスで10分ほどであっという間に終わりました。

最後に細かく残った毛を毛抜きで抜いてくださり施術終了。
毛抜きは、ブラジリアンワックスの痛みにすでに慣れているので、ほとんど痛みを感じなくなっていました。

合計でぴったり90分でした。

脱毛完了。赤ちゃんのようなツルスベに。

「終わりました!見てみてください。」

と石原さんから手鏡を渡されて、確認するとびっくり。

赤ちゃんの頃に戻った私がそこにいました。

触ってみるとツルツル。毛1本残っていません。

「すごいですね、毛が一本も残ってない。。。」

「◯◯さんの毛はちゃんと長さもありましたし、抜けやすかったのでやりやすかったです♡有難うございます!」

「ではこれで終了になります。お疲れ様でした。ではお会計をお持ちするので、それまでにお着替えお願いします。」

料金は8,600円。お会計をして終了。

お会計は、ホームページの記載の通り8600円でした。

お会計後にオプション等や追加サービス等の勧誘などはなかったです。
私は気に入ってしまったので、次回用にプリペイドカードを購入してしまいました。

「また次回もお願いしますね!」
と笑顔で言われ、すっかりデレデレな私w

エレベーターまで送っていただき、家路についたのでした。

メンズのブラジリアンワックスでVIO脱毛してみた感想

ツルツルは本気で感動する

施術後、パンツをはいてすぐに感じたのが、下部の物凄い爽快感です。
なにもないって、本当にすっきり爽快でパンツをはいた感じの気持ちよさも全然違いました。

また翌日にシャワーを浴びたとき、肛門付近を洗うために触った時ツルツルでとても洗いやすく気持ちよかったですし、
トイレのときも気持ちよく拭けて、清潔なことを感じました。

肛門付近に毛があると、どうしても排泄などで不清潔になってしまいますが、脱毛でその不快感ともおさらばすることができました。

想像したよりも痛くなかった

以前、Vラインの脱毛を毛抜きで自分でやってみたときにかなりの痛みを感じていたので、ブラジリアンワックスでVIO脱毛となったら相当痛いのではないかと想像していたのですが、実際には慣れたスタッフさんが施術してくださるので痛みは比較的少なかったです。もちろん痛いのには変わりないのですが、今やっている髭のレーザー脱毛の方が何倍も痛いですね。

痛さよりも恥ずかしさとの戦いな気がする

痛さはあまり関係なく、とにかく恥ずかしいです。
いきなり初めてお会いした女性に、下半身をあらわにするわけですから、その恥ずかしさたるはかなりのものです。
特に肛門はかなり緊張しました。痛みよりも恥ずかしさとの戦いな気がします。

ブラジリアンワックスは手軽に出来るし、下半身を清潔に保てるので女性も喜ぶ

レーザー脱毛は2年ほど通わないとツルツルになりませんが、ブラジリアンワックスならその日の90分でツルツルになります。
また、ブラジリアンワックスは永久脱毛ではないので、日が経てば元に戻ります。
気に入らなかったら元に戻せる気軽さもありますよね。

また、ツルツル清潔な下半身は女性ウケも大変良いですよ!

メンズのVIO脱毛を考えている方の参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です